【ライブ後記】2月7、8、9日東京3days ありがとうございました!!

昨日、2月10日の夜、やっと家に着きました。。

東京3days 
お越し下さった方、応援して下さった方、
出演した、それぞれのお店の方々、
それぞれの日程で共演させて頂いた、
ギタリスト 助川太郎さん、
サックス奏者 かみむら泰一さん、
ベーシスト 落合康介さん、
ヴォーカル 上西美帆さん、
スペシャルサンクス Emiko Voiceさん、

本当に、ありがとうございました!!!

んもう、沢山の収穫を頂きました。
自分のペースで、咀嚼し吸収してゆきます。
むしゃむしゃ。

それぞれのライブ、楽しすぎて写真を撮るのをすっかり忘れており、
最終日しかないのですが、一部、感想と一緒に載せてゆきますね。

ーーーーーーー
2/7@本郷 東京倶楽部
久々に会えた方々沢山!懐かしいお顔がいっぱい!!
会えた嬉しさと、助川さんの素晴らしさに支えてもらい、
引っ張ってもらい、楽しく演奏させてもらいました。
「今、この場で起こっていること」に、すごく集中できたライブだったのではないかなあ。

もっとこれができたらなあ、とか、
ああ、ここtoo much だったー 、とか、
次へ行くための材料をもらいました。

音をつなぐ、響きをつなぐ、意味をつなぐ、気持ちをつなぐ、
温度をつなぐ、重力をつなぐ …など、
今の私の表現の課題の一つは「一貫性の多様さ」または「多層さ」かな、
と、感じました。
ふむふむ。
のりこえて、自分のものにするには、どうしたら良いか。
ちょいと時間がかかりそうですが、
試行錯誤を繰り返しつつ、これからを過ごしてみます。

2/8@四谷 総合芸術茶房 喫茶 茶会記

とにかく、はじめてだらけでした。
即興演奏を軸としたライブだったのですが、
あとになってみると、普段のライブも即興をするのと変わらないのではないか、と。
アウトプットのタイミングや、時間軸が違うだけで、
表現の際にとおっている、自分の中の回路は全く変わらないことに気がつきました。
普段の演奏において、自分の出来ること、または考えられることの
幅を広げて頂いたライブであったように思います。
ライブの前の3人の会話も、ライブの後の感想戦(?)も、
演奏中と同じくらい、すごく楽しかったです。絶対またやりたい!!
自分の課題としては「現状把握能力の具体化」かな、と。
私以外の、かみむらさんと落合くんは、
「表現の本体」がかなりくっきり見えていて、それに対してアプローチをしているのですが、
わたしは、布一枚くらい隔てて「表現の本体」を捉えていて、
そのものの大体の体積は把握できるものの、
アウトラインや、色、質量などは分かっていないまま、
もんやりした提案や反応しか出来ていなかったのではないかなあ、なんて思いました。
…イヤートレーニングなどが有効かな!
あとは、さまざまな表現にふれること!

写真は、ベースの落合くんのお父様が制作した、ベースの防水ケース。
す、すばらしい。。商品化したらいいのに。。

2/9@池袋Apple Jump

前日の雪で足下が大変不安定な中にもかかわらずお客さんにお越し頂いて、
ありがたかったです。
このライブのためにヴォーカルの上西美帆さんと、
何度か、長時間の打ち合わせをさせて頂いたのですが、
彼女のアイデアの豊富さ、クリエイティビティに驚きました。
それは、やはりライブにおいての彼女の表現にも出てくるのですが、
一人のアーティストとして、あらためて尊敬です。
相手へgive出来るものを沢山持っていると感じました。
助川さんは、やはり素晴らしくて、
二人のヴォーカルが自由に動き回ることの出来るフィールドを
一瞬で、ばあーん!と作り上げてしまえることに、歌いながらただただびっくりでした。
それでいて、様々な提案や、サポーティブな相づちなどなど、
私がいちばん楽しませて頂いたのではないかしらん。
このユニットは、今回が『first step』で、今後どんどん深く掘り下げてゆけるのでは、
と勝手に妄想を膨らませております。
みなみなさま、どうぞよろしくお願いします。

帰りの成田空港では、うまれて初めてのトラブルに巻き込まれ、
いろんなことをを学びました。
北海道人として雪の怖さは十分承知していたはずだったのですが、甘かったです。
ここぞ、というスケジュールでは手堅い会社で便をとる、ということを学びました。
余裕のあるスケジュールだったらLCCもよいとは思います。

いろんな方に助けられ、支えられた滞在でした。
音楽的な収穫だけでなく、沢山のパワーを頂きました!
また、札幌に戻って精進しまっす!
いよっしゃーーー!!!

2014年02月11日火曜日

コメントを残す

*
プロフィール
Profile
出演の
ご依頼について
Contact
フライヤー・名刺
制作致します
Tomoko's Crafts
リンク
Link