3/9雑記。

今日も(3/9) Co.山田うん『季節のない街』を観てきました。

http://setagaya-pt.jp/theater_info/2012/03/post_271.html

また観たいなあ。
ああ、また観たい!

沢山の言葉や思考で
頭の中がしっちゃかめっちゃかになるのに、
その全てが透明で質量をもたない波で、
それがずっと頭の中でじょわんじょわん波立っている感じ。

故に、
なにも感想が出ない。

実は、「素晴らしい!」も
自分の中では少し「もうちょっと他の言葉があるような…」てなってしまう。
文法と文法の間、
言葉と言葉の間、
文字と文字の間に言いたいことがある、みたいな。

5年後くらいにいきなりはたと感想がでる、みたいな。いや、でないかなあ。

終わりに、出口際で出演のダンサーの方を目の前にしたとき、
口を開いて感想やら、
頭の中に浮かんだこと全てを、
がらがらがらーって出したい、と心の底から望んでいるのに、
望もうとした瞬間に心の底から拒否していて、
やはり、何も言えない。

笑顔で
悶絶。

その感じって、
いづくって(北海道弁です。他に言葉が見当たらない。標準語の意味はどうか察してくださいませ)仕方が無いのに、
なんとかしたいのにできない居心地悪い感じなのに、
また行きたくなってしまう。

抱えきれないくらい、たーくさんいただいてくるのに、
ふとみたら、何も持ってなかった!!みたいな、
でも、またみたらある!!みたいな。
無くて、有る、みたいな。

いま、気付きましたが、
語れないのに、こんなに語ってしまっている。
正直、まだ書ける。

お見苦しい文章で、申し訳ないですが、
私の中では、すごく正しくて間違っている文章です。

しかし、これって、
日常の中で、ごくごく有りふれた、あたりまえのことなのだろうなあ。本当は。

2012年03月10日土曜日

コメントを残す

*
プロフィール
Profile
出演の
ご依頼について
Contact
フライヤー・名刺
制作致します
Tomoko's Crafts
リンク
Link